2013年11月18日

20代ニコチン依存症、禁煙治療に保険適用

厚生労働省は、来年度の診療報酬改定で、20歳代のニコチン依存症の患者を対象にした禁煙治療に保険適用する方針を決めた。

 2006年から服薬などの禁煙治療に、保険が適用されているが、対象は、1日に吸うたばこの本数に喫煙年数をかけた数値が200以上の患者。20歳代では、この基準に達せず、保険による治療を受けられない患者が多い。しかし、若い頃からの過度の喫煙は、依存症になるリスクが高いことから、厚労省は、20歳代の患者については基準に達していなくても、保険で禁煙治療を受けられるようにすることにした。

 20歳代の喫煙者1000人を対象に製薬会社が09年に調査したところ、ニコチン依存症に該当し、保険適用の対象になった人は12%にとどまっていた。

20代ニコチン依存症、禁煙治療に保険適用 (読売新聞 - 11月17日 11:35) http://mixi.at/ai17GSE
スポンサードリンク
posted by マルクス at 04:41 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。